パーソナルツール
 

アラビア語のコミックス

 02

コミックスアラビア語版

レバノンで出版されたらしい、コミックスアラビア語版。エピソードが3つ紹介されている。アラビア語は右から左に書くので、本は日本の縦書きのものと同じで右綴じになる。このため、左綴じの本から作る場合は、絵を左右逆にして、文字部分をアラビア語に直すことになる。元になった本がフランスあるいはイタリアのものだったらしく、中の絵が左右反転している。赤っぽいインクと黒の二色刷り。

内容紹介

01
まず、1ページ目はこんな感じ。

02
アニメからトレースしたっぽい絵。32話の「母に向かって撃て!」のコミカライズ。ズリル長官のアイパッチが左右逆になっていることから、ヨーロッパ版の絵を鏡像にしたことがわかる。

02

02
デュークの腕の傷も、右腕の筈が左腕に。やはり絵を逆にしたのだろう。

02
2つめの表紙はこれ。絵柄からみて、フランスかイタリアのコミックスを翻訳したのだろう。内容は28話の「闇夜に響く悪魔のベル」だが、円盤獣の形状が異なっている。

02

02

02       ジェノサイダーF9
3番目のエピソードの表紙がこれ。あんまり円盤獣らしくない敵メカ。マジンガーZ34話のジェノサイダーF9を流用したと思われる。イタリア・ルファン巣では、グレンのTV放映が最初でマジンガーZが後、と日本とは逆になったので、既に日本で放映済みのマジンガーZの敵キャラを改変したらしい敵ロボットが、グレンのコミックスに登場していることがある。

02

02
ここでもズリルのアイパッチが逆。やはりヨーロッパのコミックスから持ってきたのだろう。

02
絵柄がイタリアのActarusに似ているが……。

02
ドリルスペイザーで出撃。スペイザーが出そろった時には、デュークは新コスチュームの筈だが、まあ細かいことは気にしない。